第10日:隊士の学習支援

October 10, 2018

 今日から2日間立命館大学の時代祭応援プロジェクトについてお話したいと思います。

 今年行っているプロジェクトは1つ目にこのホームページ。2つ目に毎日、維新勤王隊の音楽練習が行われておりそこに練習に来る中高生に勉強を教える取り組みをおこなっています。

 今日は、その中の2つ目の活動について詳しくみてゆきましょう。

 今年度から、練習前の18:30~19:20に大学生に勉強を教えてもらえる「学習ブース」を作りました。維新勤王隊列に参加する隊士は、中高生が多いのですが、例年、練習の参加率はあまり高くありません。私たちは、この原因を練習期間中に定期テストがあるからではないかと考えました。

 そこで、練習期間中に定期テストがある中高生に学習ブースを活用してもらい、少しでも負担を減らしたいと考え、このブースを作りました。

 京都の様々な大学から勉強を教えてくれるボランティアの大学生を募り、中高生の学習支援を行なっています。アルバイトで塾講師をしている大学生も多く参加してくれていて、楽しく優しく教えてくれます。

 現在、二人の高校生が、ブースを活用してくれています。次の日の授業の予習や、模擬試験、定期テストの勉強など、上手にブースを活用しています。インタビューを行ったところ、「学校は勉強できるブースがすぐに閉まってしまうため、このブースはありがたい。来年も作ってほしい。」との高評価をいただきました。



Rounded Image

Photo by 平安神宮


 しかし、ブースを活用してくれている人がまだまだ少ないという現状もあります。「学習ブースが目立って嫌だという声も上がっています。

 そのため、ブースをなるべく目立たない受付の後ろに配置することにしました。また、ブースを活用してもらいやすいように、ボランティアの大学生に教えることのできる教科のアンケートを取り、カレンダーも作成しました。受付には、学習ブースのPRカードも置いています。

 時代祭当日も近づいてきているため、たくさんの人が練習に参加してほしいと考えています。そして、練習前にちょっと早く来て学習ブースも活用してほしいです。


#時代祭応援プロジェクト